海外移住

海外移住に必要な資金はどれくらい?

海外移住の際にまず確認すべきことは、海外移住する先の生活水準や物価です。
いくらある程度の資金を作ったとしても、
生活水準が身の丈に合っていなければすぐに破綻を迎えます。

家賃や食費、交通費、そして日本までの飛行機代など諸々の費用が必要となります。
田舎に住めば、それだけ必要な資金は少なく済み、
大都会に住めばかなりの資金が必要です。

また田舎といっても、日本の生活水準で慣れていた人が
いきなり海外の田舎で住むことのレベル差の大きさに
ショックを感じる人も少なくありません。

また、海外移住の問題点として保険の問題があります。
日本は国民皆保険の下、多くの人が健康保険を持ち、
病院などに行くことができますが、
アメリカのようにまだこうした制度が行きとどいていないところでは
保険に加入せねばならず、それがないと法外な治療費を要求されることになります。

日本と同じような医療水準を期待するには
毎月100ドル近いお金を出して保険に加入しなければなりません。

家賃や食費、そして保険といった月々のランニングコスト、
そして最初の初期投資を加味した額が必要な資金といえ、
最低半年はどうにか生活できる額が必要であり、
それでいて、いつでも日本に帰ることのできる飛行機チケットを
確保しておけるお金を用意しておかなければなりません。

最新記事一覧