海外移住

海外移住 永住権が必要な国は?

会社を定年退職したり、日本での生活より海外での生活を希望したりする場合には
海外移住がおすすめですが、その際には永住権の取得が求められます。
永住権は日本国籍のまま、その国で暮らすことができる権利で、
主に現地で仕事をしている人や投資などで権利を取得する場合などがあります。

例えばアメリカで永住権を取得する場合、
アメリカ国民、永住権を持っている家族、
アメリカ国内の雇用主がスポンサーとなって申請し、
いわゆるグリーンカードを手にすることになります。

このため、何の支援もなしに単独でグリーンカードを取得するのは極めて困難です。
また毎年抽選が行われ、その年の抽選で落選すると翌年まで待つ必要があります。
他にもカナダやオーストラリア、ニュージーランドでも永住権が必要となります。

ですが、永住権を取得するには結構なお金がかかってしまいます。
そこで、IPOなどをしてお金を稼ぐという方法があります。
JR九州の主幹事に儲け方が書かれていますので、参考にするといいでしょう。

定年退職した人が海外移住しているケースもここ最近多いですが、
この場合においては、退職者ビザというものを用いて、
海外移住を行うことになります。

退職者ビザは年金受給者を対象としたもので
永住権を取得するより手続きが簡素化されています。
しかし、退職者ビザで海外移住した人に対しては就労が認められておらず、
現地で働くには労働許可が新たに必要となります。